江戸水没 : 寛政改革の水害対策

書誌事項

江戸水没 : 寛政改革の水害対策

渡辺浩一著

(ブックレット「書物をひらく」, 21)

平凡社, 2019.11

タイトル読み

エド スイボツ : カンセイ カイカク ノ スイガイ タイサク

大学図書館所蔵 件 / 229

注記

大規模学術フロンティア事業「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」(略称:歴史的典籍NW事業)のなかの異分野融合研究「歴史資料を活用した減災・気候変動適応に向けた新たな研究分野の創成」(代表田村誠、茨城大学地球変動適応科学研究機関との共同研究)における研究成果の一部

内容説明・目次

内容説明

人工都市江戸を、暴風雨や高潮が襲い、被害が繰り返される。水害は、ただに自然の脅威というばかりではなく、人為が、被害を大きくする要因となってもいた。田沼時代に隅田川に造成された中洲が洪水を激化させ、松平定信がこの殷賑の地を撤去する。そこに、どんな利害が、支配の意思が、住民の意図が、そして水害対策の知恵が、働いていたか。江戸の経験を今に生かす災害歴史学の試み。

目次

  • 1 洪水の減災対策—三俣中洲富永町の撤去(寛政改革の都市政策;寛保二年大水害の教訓;明和八年の三俣中洲造成;天明六年大水害をもたらした気象現象;大水害の様相;減災対策としての三俣富永町撤去;三俣富永町撤去の経過;緊急避難場所の設置;三俣富永町撤去の意味)
  • 2 高潮被災地の「復興」—深川洲崎のクリアランス(寛政三年の高潮;二つの復興案;町年寄の提案と幕府での協議;クリアランスの実態;その後の深川洲崎;安政東日本台風;空き地の減災効果の検証;何が問題なのか)
  • 3 災害記録の管理と対策マニュアルの策定(洪水を記録する;洪水対策マニュアル;マニュアル策定の意味)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ