地中海世界 : ギリシア・ローマの歴史

書誌事項

地中海世界 : ギリシア・ローマの歴史

弓削達 [著]

(講談社学術文庫, [2597])

講談社, 2020.1

タイトル別名

地中海世界 : ギリシアとローマ

地中海世界 : ギリシアローマの歴史

タイトル読み

チチュウカイ セカイ : ギリシア・ローマ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 156

注記

参考文献: p191-192

年表: p193-199

原本「新書西洋史(2)地中海世界--ギリシアとローマ」は1973年に講談社現代新書として刊行された

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

キリスト教的東西ヨーロッパ文明も、イスラム的西アジア文明も、地中海世界を母胎とし、その崩壊と転成の中から生まれた。紀元前二千年紀のミケーネ文明から、アテネとスパルタが覇権を争ったペロポネソス戦争を経て、異民族を巧みに支配したローマ帝国の興隆と没落まで、二〇〇〇年の歴史を一貫した大きな視座から追究する意欲作。

目次

  • 第1章 地中海世界に何を問うか
  • 第2章 東地中海世界と古典ギリシア
  • 第3章 ギリシア=ポリスの成立
  • 第4章 ポリスの発展と衰退
  • 第5章 ローマの発展
  • 第6章 ローマ帝国の支配構造
  • 第7章 ローマ帝国の支配のイデオロギー
  • 第8章 ローマ帝国の衰亡

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ