書誌事項

中高年ひきこもり

斎藤環著

(幻冬舎新書, さ-4-2, 579)

幻冬舎, 2020.1

タイトル読み

チュウコウネン ヒキコモリ

大学図書館所蔵 件 / 76

内容説明・目次

内容説明

内閣府の調査では、40〜64歳のひきこもり状態にある人は推計61万人と、15〜39歳の54万人を大きく上回る。中高年ひきこもりで最も深刻なのは、80代の親が50代の子どもの面倒を見なければならないという「8050問題」だ。家族の孤立、老親の死後の生活困窮、孤独死——中高年ひきこもりは、いまや日本の重大な社会問題だ。だが、世間では誤解と偏見がまだ根強く、そのことが事態をさらに悪化させている。「ひきこもり」とはそもそも何か。何が正しい支援なのか。第一人者による解説書。

目次

  • 第1章 中高年ひきこもり一〇〇万人の衝撃
  • 第2章 ひきこもりをめぐる10の誤解(現状認識編)
  • 第3章 ひきこもりをめぐる10の誤解(対応編)
  • 第4章 家族のための対応のヒント
  • 第5章 家庭内暴力への対応のヒント
  • 第6章 ひきこもり問題の歴史・現状・未来
  • 第7章 成熟化した社会の未成熟な大人たち

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29668321
  • ISBN
    • 9784344985810
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    218p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ