知られざる目利き白醉庵吉村観阿

書誌事項

知られざる目利き白醉庵吉村観阿

宮武慶之著

淡交社, 2020.3

タイトル別名

白醉庵吉村観阿 : 知られざる目利き

タイトル読み

シラレザル メキキ ハクスイアン ヨシムラ カンア

大学図書館所蔵 件 / 19

注記

観阿関係年譜: p38-41

内容説明・目次

内容説明

松平不昧や新発田藩主溝口翠濤に重用された道具の目利き。吉村観阿、初の評伝。これまで明かされなかった人物像を、いま克明に浮かび上がらせる。関係作品、売立目録の図版も多数掲載。

目次

  • 序章 吉村観阿について
  • 第1章 父・山田屋太郎兵衛
  • 第2章 松平不昧との交流
  • 第3章 溝口翠濤との交流
  • 第4章 観阿の行状
  • 第5章 溝口家の事例にみる観阿の取り次いだ作品
  • 第6章 江戸における観阿の交流
  • 第7章 観阿の目利き
  • 終章 名人は名人を知る
  • 付録

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29897726
  • ISBN
    • 9784473043702
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    327p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ