桑原正雄の郷土教育 : 「資本の環」の中の私達

書誌事項

桑原正雄の郷土教育 : 「資本の環」の中の私達

須永哲思著

(プリミエ・コレクション, 105)

京都大学学術出版会, 2020.3

タイトル別名

桑原正雄の郷土教育 : 資本の環の中の私達

タイトル読み

クワハラ マサオ ノ キョウド キョウイク : 「シホン ノ ワ」 ノ ナカ ノ ワタクシタチ

大学図書館所蔵 件 / 58

注記

文献目録: p341-361

略年表: p401-405

内容説明・目次

内容説明

子どもの目に映る現実から社会をどう教えるか。戦争の時代から戦後の急速な都市化へ、20世紀日本の近代化の中で大きく変貌する郷土の現実から、単なる資本‐労働の二項対立ではない、社会の生きたメカニズムを伝えようとした一教師の実践。現代の教育は彼から何を学べるか。

目次

  • 序章
  • 第1章 一九四五年以前における「郷土」の位置
  • 第2章 戦後に連続する同心円的な郷土概念
  • 第3章 郷土全協の成立過程
  • 第4章 フィールドワークを通じた「自由労働者」の教材化
  • 第5章 小学校社会科教科書『あかるい社会』の編纂
  • 第6章 戦後「郷土教育論争」再考
  • 終章 桑原正雄の郷土教育の今日的可能性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30166160
  • ISBN
    • 9784814002726
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    x, 420p, 図版 [1] 枚
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ