書誌事項

可能性としての戦後以後

加藤典洋著

(岩波現代文庫, 文芸 ; 323)

岩波書店, 2020.4

タイトル読み

カノウセイ トシテノ センゴ イゴ

大学図書館所蔵 件 / 103

注記

1999年刊の文庫化

引用文献, 参考文献: 論末

内容説明・目次

内容説明

戦後の思想空間の歪みと分裂をラディカルに解体し、作品を発表するたびに大きな反響を呼んできた著者。その、公共性の再生にむけた果敢な挑戦は、再び顧みられるべき秋を迎えている。「「日本人」の成立」「「瘠我慢の説」考」「失言と〓見」など、画期を成す論考を収め、戦後的思考の更新と新たな構築への意欲を刻んだ評論集。(解説=大澤真幸)

目次

  • スタートのライン—日の丸・君が代・天皇
  • 1(「日本人」の成立)
  • 2(失言と〓見—「タテマエとホンネ」と戦後日本;「瘠我慢の説」考—「民主主義とナショナリズム」の閉回路をめぐって;チャールズ・ケーディスの思想—植民地日本の可能性)
  • 3(二つの視野の統合—見田宗介『現代社会の理論—情報化・消費化社会の現在と未来』を手がかりに;戦後的思考の原型—ヤスパース『責罪論』の復刊に際して)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ