日本の開国と多摩 : 生糸・農兵・武州一揆

書誌事項

日本の開国と多摩 : 生糸・農兵・武州一揆

藤田覚著

(歴史文化ライブラリー, 503)

吉川弘文館, 2020.7

タイトル別名

日本の開国と多摩 : 生糸農兵武州一揆

タイトル読み

ニホン ノ カイコク ト タマ : キイト・ノウヘイ・ブシュウ イッキ

大学図書館所蔵 件 / 171

注記

主要参考文献: p227-230

内容説明・目次

内容説明

ペリー来航や開港・自由貿易の開始は多摩に何をもたらしたのか。際限ないカネ・ヒトの負担、生糸生産発展の一方で生じた経済格差、武州一揆の発生など、その要因・実態を探り、未曽有の大変革に生きた多摩の営みを描く。

目次

  • 幕末の多摩—プロローグ
  • 幕末の歴史と多摩
  • 際限のない負担増
  • 治安の悪化
  • 開港と地域社会の変容
  • 慶応二年武州一揆と多摩
  • 幕末の変革期に生きた多摩の人びと—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ