いのちを味わう : これからの食をみすえて

書誌事項

いのちを味わう : これからの食をみすえて

馬路泰藏, 馬路明子著

風媒社, 2020.7

タイトル読み

イノチ オ アジワウ : コレカラ ノ ショク オ ミスエテ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

参考書等: p144-147

内容説明・目次

内容説明

ブルガリアの伝統的な豚の利用法を現地取材し、豚肉食タブーをめぐる歴史もひもときながら、農業大国フランスの先進的な食糧生産の実情や、日本の敗戦後の食文化の変化をたどる—。これからの農業はどこへ向かうのか。食べることの本質とは?

目次

  • 1 豚—肉を食べるだけの家畜(冬に向かう前のお祭り;東バルカン豚を味わう;世界の豚肉・ヨーロッパの豚肉;豚へのまなざし;聖書にみる豚 豚肉食タブーのルーツ「レビ記11章」)
  • 2 先進工業国フランスの食(車窓から見た農業大国フランス;フランスでみた現代農業の方向性)
  • 3 日本の食のこれから(肉を食べるようになった日本人;日本の食を支えるコメ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ