日本のファシズム : 昭和戦争期の国家体制をめぐって

書誌事項

日本のファシズム : 昭和戦争期の国家体制をめぐって

大藪龍介著

社会評論社, 2020.9

タイトル読み

ニホン ノ ファシズム : ショウワ センソウキ ノ コッカ タイセイ オ メグッテ

大学図書館所蔵 件 / 49

内容説明・目次

内容説明

全世界的なコロナクライシスの今日、ファシズムは再来するか?この論議のためにも、20世紀の世界戦争とファシズムの時代の厳酷な経験についての考察の一層の深化が欠かせない。

目次

  • 第1章 日本ファシズム研究の諸潮流(マルクス主義史学の「日本ファシズム」論;伊藤隆の「革新」派運動論;山口定『ファシズム』;丸山眞男の日本ファシズム論;久野収の「超国家主義」論)
  • 第2章 急進主義的ファシズムの思想、運動(北一輝の革命構想と実践;陸海軍青年将校の急進主義的運動;政治体制のファシズム化への前程;国家総力戦・総動員体制の構築)
  • 第3章 国家総力戦体制のファシズム化(軍部主導の政治運営へ;近衛内閣の登場と国家総動員法、「東洋新秩序」;第二次・三次近衛内閣と大政翼賛会、三国同盟締結;東条内閣、軍部の直接的政治支配)
  • 第4章 日本ファシズムの特質(日本ファシズムの全体像;軍部ファシズム;丸山理論および山口テーゼの改定;ファシズム体制と権威主義体制)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ