巨大古墳の時代を解く鍵 : 黒姫山古墳

書誌事項

巨大古墳の時代を解く鍵 : 黒姫山古墳

橋本達也著

(シリーズ「遺跡を学ぶ」, 147)

新泉社, 2020.11

タイトル読み

キョダイ コフン ノ ジダイ オ トク カギ : クロヒメヤマ コフン

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

参考文献: p92

内容説明・目次

内容説明

古市・百舌鳥古墳群に巨大な前方後円墳がつくられた五世紀、両古墳群の間の大阪府堺市美原区に、鉄製甲冑の出土数が列島第一位の黒姫山古墳が築造された。古市・百舌鳥の大型古墳が天皇陵に治定され実態の解明が遠い状況のなか、この古墳は巨大古墳の時代を解く鍵を握っている。

目次

  • 第1章 黒姫山古墳とは
  • 第2章 解明された黒姫山古墳
  • 第3章 最多の古墳出土甲冑
  • 第4章 埴輪列と埴輪
  • 第5章 黒姫山古墳の被葬者像
  • 第6章 黒姫山古墳周辺をめぐって

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC03477278
  • ISBN
    • 9784787720375
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    93p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ