書誌事項

幻獣の話

池内紀 [著]

(講談社学術文庫, [2634])

講談社, 2020.11

タイトル読み

ゲンジュウ ノ ハナシ

大学図書館所蔵 件 / 155

注記

原本は1994年、講談社現代新書として刊行

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

マルコ・ポーロが見たスマトラの一角獣、日光東照宮に潜む霊獣、『山海経』のユニークな「怪」…。「むだで横道にそれた知識には一種のけだるい喜びがある」(ボルヘス)に導かれ、古今東西の書物に記された不思議な生きものをめぐる。あらんかぎりの想像力を振り絞り、異形を生み出し、また愛でる私たちのうちに「幻の獣」は棲む。滋味あふれる随想。

目次

  • 1 一角獣—マルコ・ポーロが見たもの
  • 2 アジアとヨーロッパ—幻獣という知の遺産
  • 3 不思議な生きもの、不思議な人—狂気と文学のあいだ
  • 4 幻獣紳士録1
  • 5 幻獣紳士録2
  • 6 百鬼の奇—日本の幻獣
  • 7 霊獣たちの饗宴—日光東照宮の場合
  • 8 中国の宝の書—『山海経』入門
  • 9 私という幻の獣—寺山修司の夢
  • 10 ゴーレムからロボットへ—二十世紀の幻獣

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ