近世の公家社会と幕府

書誌事項

近世の公家社会と幕府

田中暁龍著

吉川弘文館, 2020.12

タイトル読み

キンセイ ノ クゲ シャカイ ト バクフ

大学図書館所蔵 件 / 74

収録内容

  • 近世の公家社会と幕府
  • 公家の江戸参向と武家文化との接点
  • 近世摂家の家領と「関白料」
  • 享保期における摂家の家内騒動と家法
  • 近世中期の京都所司代の引渡とその権限
  • 宝暦事件後の公家の相続問題と大名家の助力
  • 寛政期の尊号一件風説書の展開
  • 寛政期の藪一件と摂家支配の再構築
  • 寛政~文化期における天皇御医の身分「格」上げ動向
  • 近世後期の公家処罰とその手続き
  • 天保期の樋口一件と公家の身分移動

内容説明・目次

内容説明

江戸幕府の権力を背景に確たる地位を築き、朝廷政務の中心にあった摂家。彼らの支配の実態と変容を、対峙する勢力・集団との緊張、摂家間の対立などを重視しつつ多様な視点から分析。享保期から天保期における公家処罰の動向、朝廷権威を求める動きから巻き起こる身分秩序の動揺について、変質していく公家社会と関与する幕府の政策から考察する。

目次

  • 近世の公家社会と幕府
  • 公家の江戸参向と武家文化との接点
  • 近世摂家の家領と「関白料」
  • 享保期における摂家の家内騒動と家法
  • 近世中期の京都所司代の引渡とその権限
  • 宝暦事件後の公家の相続問題と大名家の助力
  • 寛政期の尊号一件風説書の展開
  • 寛政期の藪一件と摂家支配の再構築
  • 寛政〜文化期における天皇御医の身分「格」上げ動向
  • 近世後期の公家処罰とその手続き
  • 天保期の樋口一件と公家の身分移動

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ