小さな学校の時代がやってくる : スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方

書誌事項

小さな学校の時代がやってくる : スモールスクール構想・もうひとつの学校のつくり方

辻正矩著

築地書館, 2021.2

タイトル別名

小さな学校の時代がやってくる : スモールスクール構想もうひとつの学校のつくり方

タイトル読み

チイサナ ガッコウ ノ ジダイ ガ ヤッテ クル : スモール スクール コウソウ・モウ ヒトツ ノ ガッコウ ノ ツクリカタ

大学図書館所蔵 件 / 59

内容説明・目次

内容説明

すべての子どもが、学ぶ内容を固定してしまう学習指導要領に則った大きな学校での画一的な教育になじむとは限らない。学びの深さが変わる異年齢集団での学び、生徒の主体的・対話的な学びができる小さな学校が、子どもたちのもう一つの選択肢として、続々とできてきている。世界の先進的な学校を取材し、自らも大阪でオルタナティブスクールの創設、運営に携わる著者が、生徒数200人以下の小さな学校を実現するための立法、制度作りから教育構想まで平易に解説する「スモールスクール提言」。

目次

  • 第1部 小さな学校は素晴らしい(小さな学校ではみんな生き生きしている;一人ひとりの学びを大切にする教育)
  • 第2部 小さな学校は可能である(教育に多様な選択肢を持とう;もう一つの学校制度を構想する;構想の実現に向かって)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC05339242
  • ISBN
    • 9784806716136
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    188p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ