書誌事項

ふしぎな社会

橋爪大三郎著

(ちくま文庫, [は34-2])

筑摩書房, 2021.3

タイトル別名

面白くて眠れなくなる社会学

ふしぎな社会

Sociology for young adults

タイトル読み

フシギナ シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 33

注記

「面白くて眠れなくなる社会学」(PHPエディターズ・グループ 2014年刊)の改題, 文庫化

英文タイトルは副標題紙裏による

叢書番号はブックジャケットによる

読書案内: p251-259

内容説明・目次

内容説明

なぜ社会は、こうなっているの?誰もが「ふしぎ」に思うことがらをとことん説明。言語、資本主義、性、家族、自由、死、…。選り抜きのトピックを、「自分で納得した言葉だけを集めて磨き」ました(あとがき)とのべる著者が、語ってくれます。

目次

  • 1(言語—言語を使う。言葉をしゃべる。これは、人間だけの能力です。;戦争—戦争とは、“暴力を用いて、自分の意思を相手に押しつけること”、をいいます。;憲法—憲法は、手紙です。人民から、国にあてた手紙。その国の政府職員に向けて、こうしなさいと約束させるものです。;貨幣—貨幣は、大昔からあったわけではありません。;資本主義—資本主義とは、資本が、特別なはたらき方をする経済のことですね。;私有財産—私有財産は、私たちの社会の基礎です。ところが、この私有財産の制度は、そんなに昔からあったわけではありません。)
  • 2(性—性とは、体と体の関係、のことです。人間は生きていますが、それは、人間の体が、生きているのです。;家族—家族があるのは、人類(ヒト)の特徴です。;結婚—結婚は、世界中、どんな民族や文化にも認められる習慣です。;正義—正義とは、なんでしょうか。正義とは、正しさが外からやってきた、という感覚です。;自由—自由とは、人間が、思ったように行動したり、好きなように考えたりできること、をいいます。これは、人間の生まれついての性質です。)
  • 3(死—人間は生き物ですから、死にます。動物や植物も、生き物ですから、死にます。死ぬのは、生き物の宿命ですね。;宗教—宗教は、人類の文化になくてはならないもの。いや、人類の文化の中心です。;職業—職業とは、仕事のことです。収入があって、かなりの時間をさいていて、それで生活を支えている、そういう活動をいいます。;奴隷制とカースト制—インドに、カースト制という制度があります。インドにしかない、特別な社会の仕組みです。;幸福—幸福とは、人間が人間として生きていることが、充実している状態ですね。生きる目的と言ってもいい。)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC06047446
  • ISBN
    • 9784480437280
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    264p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ