愛はすべてか : 認知療法によって夫婦はどのように誤解を克服し,葛藤を解消し,夫婦間の問題を解決できるのか

書誌事項

愛はすべてか : 認知療法によって夫婦はどのように誤解を克服し,葛藤を解消し,夫婦間の問題を解決できるのか

アーロン・T・ベック著

金剛出版, 2021.5

タイトル別名

Love is never enough

愛はすべてか : 認知療法によって夫婦はどのように誤解を克服し葛藤を解消し夫婦間の問題を解決できるのか

タイトル読み

アイ ワ スベテ カ : ニンチ リョウホウ ニヨッテ フウフ ワ ドノヨウニ ゴカイ オ コクフク シ,カットウ オ カイショウ シ,フウフカン ノ モンダイ オ カイケツ デキルノカ

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

監訳: 井上和臣

Bibliography: p375-377

内容説明・目次

内容説明

本書は、問題のあるカップルの実際の対話を分析して、結婚における最も一般的な問題(否定的思考・幻滅・厳格なルールと期待・ミスコミュニケーションの力)を解明します。

目次

  • 否定的思考の力
  • 光と闇
  • 物の見方の衝突
  • 規則を破る
  • コミュニケーションの妨害
  • 協力関係の崩壊
  • 暗黙の思考:台風の目
  • 心のトリック
  • 致命的な戦い
  • 夫婦関係は改善できるか
  • 二人の関係の基盤を強化する
  • 二人の関係を調整する
  • 自分自身の認知の歪みを変える
  • 会話の技術
  • 協力する技術
  • トラブルの解決法
  • 怒りを管理する
  • 特別な問題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ