書誌事項

保育をひらく「コミュニティコーディネーター」の視点

まちの保育園・こども園, 東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター著

(保育ナビブック)

フレーベル館, 2021.6

タイトル別名

保育をひらく「コミュニティコーディネーター」の視点 : 子どもと共に、園とまちをつなぎ、育む

保育をひらくコミュニティコーディネーターの視点

タイトル読み

ホイク オ ヒラク コミュニティ コーディネーター ノ シテン

大学図書館所蔵 件 / 34

注記

監修: 秋田喜代美, 松本理寿輝

内容説明・目次

内容説明

子どもと共に園とまちをつくる存在になろう!専門性や視点が身に付く実践事例とQ&A。

目次

  • 第1章 園をコミュニティの視点から見る(コミュニティコーディネーターという、新たな役割について考える;園内外のコミュニティの分類とそれぞれの特徴)
  • 第2章 実践事例(まちのこども園代々木上原(東京都渋谷区);まちの保育園小竹向原(東京都練馬区) ほか)
  • 第3章 実務Q&A(私たちコミュニティコーディネーターです!;Q&A ほか)
  • 第4章 コミュニティコーディネーターの可能性を考える(馬場正尊(株式会社オープン・エー);小野裕之(株式会社散歩社) ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ