書誌事項

とびらをあける中国文学 : 日本文化の展望台

高芝麻子 [ほか] 著

(新典社選書, 103)

新典社, 2021.9

タイトル読み

トビラ オ アケル チュウゴク ブンガク : ニホン ブンカ ノ テンボウダイ

大学図書館所蔵 件 / 68

注記

その他の著者: 遠藤星希, 山崎藍, 田中智行, 馬場昭佳

参考文献: 各章末

収録内容

  • 言葉の来た道 : 心頭を滅却すれば火もまた涼し / 高芝麻子著
  • 日中の古典作品に見える有り得ない自然現象とその意味するもの / 遠藤星希著
  • 中日井戸異聞 : 文学に描かれる井戸描写を中心に / 山崎藍著
  • 『金瓶梅』宋恵蓮故事を読む / 田中智行著
  • 『水滸伝』から考える明清時代のエンタメ小説 : 白話小説 / 馬場昭佳著

内容説明・目次

目次

  • 第1章 言葉の来た道—心頭を滅却すれば火もまた涼し(甲斐恵林寺でのできごと;現代のイメージが生まれるまで ほか)
  • 第2章 日中の古典作品に見える有り得ない自然現象とその意味するもの(不能条件としての有り得ない自然現象;難題説話の位置づけ ほか)
  • 第3章 中日井戸異聞—文学に描かれる井戸描写を中心に(経典の井戸;井戸神の存在—祭祀と井戸 ほか)
  • 第4章 『金瓶梅』宋恵蓮故事を読む(くりかえされる物語;たかが呼び方、されど呼び方 ほか)
  • 第5章 『水滸伝』から考える明清時代のエンタメ小説:白話小説(明代後期という時代;白話小説の特徴:現代の娯楽環境との類似 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ