「無理」の構造 : この世の理不尽さを可視化する

書誌事項

「無理」の構造 : この世の理不尽さを可視化する

細谷功著

dZERO, 2016.3

タイトル別名

無理の構造 : この世の理不尽さを可視化する

タイトル読み

「ムリ」 ノ コウゾウ : コノヨ ノ リフジンサ オ カシカスル

大学図書館所蔵 件 / 9

注記

記述は第5刷 (2020.8) による

参考文献: p149-150

内容説明・目次

内容説明

「理不尽なのは〈世の中〉ではなく、私たちの〈頭の中〉である」。努力が報われず、抵抗が無駄に終わるのはなぜなのか。ビジネスコンサルタント・細谷功が、漫画家・一秒によるイラストとともに、「世の中」と「頭の中」の関係を明らかにし、理不尽さのメカニズムを説き明かすことで、人々をさいなむ閉塞感や苛立ちの原因に迫る。

目次

  • 第1部 対称性の錯覚(錯覚の積み重ねと「三つの非対称性」—「善と悪」は対称か;「知識」の非対称性、「思考」の非対称性—知的能力が理不尽さを生み出す ほか)
  • 第2部 時間の不可逆性(気づきにくい社会や心の不可逆性—湯は冷め、振り子は止まる;社会・会社の劣化の法則—「盛者必衰」の真理からは逃れられない ほか)
  • 第3部 ストックの単調増加性(「微分と積分」と現実—増やすのは簡単、減らすのは困難;のこぎりの法則—増えだしたら止まらない ほか)
  • 第4部 「自分と他人」の非対称性(宇宙と「人間の心」—「絶対的中心」があるかないか;コミュニケーションという幻想—「言葉の意味」の共有は難しい ほか)
  • 第5部 「見えている人と見えていない人」の非対称性(決定的な非対称性—「見えていない人」には「見えている人」が見えない;「全体像」という幻想—自分の視野の狭さには気づきようがない ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC10418133
  • ISBN
    • 9784907623203
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    千葉
  • ページ数/冊数
    150p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ