福祉NPO・社会的企業の経済社会学 : 商業主義化の実証的検討

書誌事項

福祉NPO・社会的企業の経済社会学 : 商業主義化の実証的検討

桜井政成著

明石書店, 2021.10

タイトル別名

福祉NPO社会的企業の経済社会学 : 商業主義化の実証的検討

タイトル読み

フクシ NPO シャカイテキ キギョウ ノ ケイザイ シャカイガク : ショウギョウ シュギカ ノ ジッショウテキ ケントウ

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

文部科学省科学研究費若手研究 (B) 「ボランティア・NPOによる社会関係資本醸成・活用・ネットワークスペースアプローチ」 ほか3件の文部科学省の研究助成 (2008-2020年度) を受けたもの

出版にあたり立命館大学 「2021年度学術図書推進プログラム」 の助成を受けた

参考文献: p258-274

内容説明・目次

内容説明

経済や社会から排除された人々を再び包摂する活動を行うNPOは、市民社会を創れなかったのか?新自由主義的な政策が急速に進んだ四半世紀を、経済社会学・社会政策学・社会福祉学の知見を総動員して分析。“ロスジェネ世代”の著者が国内外で報告を重ねて完成させた渾身の書。

目次

  • 第1章 社会的排除/包摂とNPO—果たすべき役割への期待と課題
  • 第2章 NPO法人の実態と「事業型NPO」
  • 第3章 事業型NPOの特徴とその発展課題—京都府NPO法人の財務データ分析から
  • 第4章 準市場におけるNPOの変容?—介護保険制度下における非営利=営利のせめぎあい
  • 第5章 NPO概念の定着と社会的企業概念の拡散—NPOから「ソーシャル」へ
  • 第6章 ソーシャル・イノベーションの普及過程—長野の宅老所事例分析
  • 第7章 社会的企業設立時のNPO・営利企業の選択—コミュニティへの志向による違いの分析
  • 第8章 若者就労支援団体による社会関係の埋め込み
  • 第9章 コミュニティビジネスにおけるソーシャル・キャピタルの制約—当事者主体という罠
  • 第10章 結論と見通し—カナダの社会的企業の検討から対抗条件を探る

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ