書誌事項

アンコール王朝興亡史

石澤良昭著

(NHKブックス, 1271)

NHK出版, 2021.10

タイトル別名

アンコール・王たちの物語 : 碑文・発掘成果から読み解く

アンコール王たちの物語 : 碑文発掘成果から読み解く

タイトル読み

アンコール オウチョウ コウボウシ

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

「アンコール・王たちの物語 : 碑文・発掘成果から読み解く」(2005年刊)の改題増補改訂

参考文献: p290-294

カンボジア古代・中世歴史年表: p295-301

内容説明・目次

内容説明

世界的なアンコール学研究者の六〇年近い研究の総決算。往時の人々の六〇〇年に及ぶ叡智と最先端技術の結晶である世界遺産アンコール。前にすると膨大な石造伽藍に圧倒される。クメールの人々は、これだけの建造物をどうやって造ったのか、労働力を支えた経済力は何によって賄われていたのだろうか、造営した二六代の王たちは何を考え、どのように生きたのか。碑文、発掘成果、最新測量技術などを駆使した研究成果を踏まえ、アジア世界へとつながっていた王道の踏破、周辺五大都城調査、世界的な大発見二八〇体の仏像の発掘などを通して、王たちの興亡の歴史を振り返る。

目次

  • 第1章 アンコール遺跡とは何か—巨大な建寺エネルギーに圧倒される
  • 第2章 群雄割拠をまとめた若い王—前アンコール時代末期からジャヤヴァルマン三世まで
  • 第3章 アンコール王朝を造営した炯眼の王
  • 第4章 最初の大都城ヤショダラプラ
  • 第5章 アンコールへの再遷都を行なった王
  • 第6章 最初の建寺王—忠誠を誓った査察官たち
  • 第7章 スールヤヴァルマン二世の大いなる野望
  • 第8章 偉大な建寺王ジャヤヴァルマン七世
  • 第9章 浮彫りに描出されたアンコール都城の人々
  • 第10章 すべての道はアンコールへ—ヒトとモノが動いた王道
  • 第11章 世紀の大発見、二八〇体の仏像発掘—歴史は塗り替えられた

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ