書誌事項

フロイト、無意識について語る

フロイト著 ; 中山元訳

(光文社古典新訳文庫, [KBフ1-7])

光文社, 2021.11

タイトル別名

Das Unbewusste

フロイト無意識について語る

タイトル読み

フロイト ムイシキ ニツイテ カタル

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

独語タイトル「Das Unbewusste」とシリーズ番号はブックジャケットによる

フロイト年譜: p390-396

収録内容

  • 心的な出来事の二つの原則の定式 = Formulierungen über die zwei Prinzipien des psychischen Geschehens
  • 精神分析における無意識の概念についての論考 = Einige Bemerkungen über den Begriff des Unbewußten in der Psychoanalyse
  • 想起、反復、徹底操作 = Erinnern, Wiederholen und Durcharbeiten
  • 抑圧 = Die Verdrängung
  • 無意識について = Das Unbewußte
  • 集団心理学と自我分析 = Massenpsychologie und Ich-Analyse

内容説明・目次

内容説明

「無意識について」を中心に、個人の無意識についての理論の変遷をたどる5つの論文と、集団における個人を超えた無意識の働きについて、社会哲学的かつ文明論的な観点から分析し、後期の『モーセと一神教』などにつながる広い視野を切り開いた『集団心理学と自我分析』を収録。

目次

  • 第1部(心的な出来事の二つの原則の定式(一九一一年);精神分析における無意識の概念についての論考(一九一二年);想起、反復、徹底操作(一九一四年);抑圧(一九一五年);無意識について(一九一五年))
  • 第2部(『集団心理学と自我分析』(一九二一年))

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC11016394
  • ISBN
    • 9784334754532
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    398p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ