書誌事項

開化の殺人 : 大正文豪ミステリ事始

中央公論新社編 ; [江戸川乱歩ほか著]

(中公文庫, [ち-8-11])

中央公論新社, 2022.3

タイトル読み

カイカ ノ サツジン : タイショウ ブンゴウ ミステリ コトハジメ

大学図書館所蔵 件 / 11

注記

「中央公論 秘密と開放号」(大正7年7月臨時増刊号)掲載作品中心

そのほかの著者: 佐藤春夫, 芥川龍之介, 里見弴 [ほか]

シリーズ番号はブックジャケットによる

収録内容

  • 一般文壇と探偵小説 / 江戸川乱歩著
  • 指紋 / 佐藤春夫著
  • 開化の殺人 / 芥川龍之介著
  • 刑事の家 / 里見弴著
  • 肉店 / 中村吉蔵著
  • 別筵 / 久米正雄著
  • Nの水死 / 田山花袋著
  • 叔母さん / 正宗白鳥著
  • 「指紋」の頃 / 佐藤春夫著

内容説明・目次

内容説明

阿片に溺れた友人の謎、遺書が語る恋と殺人、妻への妄執が生んだ惨劇—。江戸川乱歩が「大正期文壇の一角に燃え上がった、かくの如き犯罪と怪奇への情熱」と評した幻のミステリ特集、『中央公論 秘密と開放号』(大正七年七月臨時増刊)が現代に甦る。創作七篇、随筆二篇を収録したアンソロジー。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC13623150
  • ISBN
    • 9784122071919
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    317p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ