書誌事項

脚本力

倉本聰著 ; 碓井広義聞き手

(幻冬舎新書, 666, く-14-1)

幻冬舎, 2022.9

タイトル読み

キャクホンリキ

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

ドラマ史に残る名作『北の国から』『前略おふくろ様』から、老人のリアルを描いて話題となった『やすらぎの郷』まで、倉本聰はなぜ60年以上にわたり、第一線で書き続けられるのか。「構成はおもてなし精神で」「台詞は論理的であってはいけない」「物書きに必要なのは発信力より受信力」—本書のために書き下ろした新作『火曜日のオペラ』の企画書から完成台本までの創作過程とともに、名作を生む「手の内」をすべて明かす。87歳の今なお毎日原稿用紙に向かう巨匠の、創造力の源泉に迫る一冊。

目次

  • 序章 脚本家「倉本聰」が出来るまで
  • 第1章 出会い頭が勝負—企画と発想
  • 第2章 愛が人を動かす—脚本と脚色
  • 第3章 シノプシス『火曜日のオペラ』全7話
  • 第4章 ドラマは化学反応である—人物と背景
  • 第5章 見る人をもてなす心—構成
  • 第6章 シナリオへの助走—ハコ書き
  • 第7章 人間が物語を生み出す—台詞とシナリオ
  • 第8章 シナリオ『火曜日のオペラ』第1話“第一稿”
  • 第9章 そして、創作の「原点」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ