明治・大正・昭和の出版が歩んだ道 : 近代出版の誕生から現代までの150年の軌跡

書誌事項

明治・大正・昭和の出版が歩んだ道 : 近代出版の誕生から現代までの150年の軌跡

能勢仁, 八木壯一共著

(本の未来を考える=出版メディアパル, no. 43)

出版メディアパル, 2022.11

タイトル別名

明治大正昭和の出版が歩んだ道 : 近代出版の誕生から現代までの150年の軌跡

出版が歩んだ道 : 明治・大正・昭和の : 近代出版の誕生から現代までの150年の軌跡

タイトル読み

メイジ タイショウ ショウワ ノ シュッパン ガ アユンダ ミチ : キンダイ シュッパン ノ タンジョウ カラ ゲンダイ マデ ノ 150ネン ノ キセキ

大学図書館所蔵 件 / 49

注記

奥付の責任表示の記述: 能勢仁, 八木壯一編著

内容説明・目次

内容説明

歴史から読み解く出版再生の道。日本書籍出版協会編『日本出版百年史年表』を徹底分析し、描いた出版の実像。出版社・取次・書店を60年間見つめてきた能勢仁氏が描く出版の“夢と冒険物語”。古書業界と共に60年間歩み続けた八木壯一氏が解き明かす“本の街 神保町物語”。

目次

  • 第1章 明治の出版史探訪
  • 第2章 大正の出版史探訪
  • 第3章 昭和戦前の出版史探訪
  • 第4章 昭和戦後の出版史探訪
  • 第5章 昭和後半の出版と再販制度
  • 第6章 古書業界と神保町の150年
  • 第7章 明治・大正・昭和の出版創業記
  • 第8章 回想“本と読者をつなぐ知恵”

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ