書誌事項

財政社会学とは何か : 危機の学から分析の学へ

井手英策 [ほか] 著

有斐閣, 2022.12

タイトル別名

Fiscal science for analyzing real society

タイトル読み

ザイセイ シャカイガク トワ ナニ カ : キキ ノ ガク カラ ブンセキ ノ ガク エ

大学図書館所蔵 件 / 115

この図書・雑誌をさがす

注記

その他の著者: 倉地真太郎, 佐藤滋, 古市将人, 村松怜, 茂住政一郎

引用・参考文献: p242-264

内容説明・目次

内容説明

社会の分断と危機が叫ばれる現在、(生)の支えとなるべき財政は、社会ニーズとの隔たりを急速に増しつつある。生きた現実に迫る総合社会科学としての財政社会学。新たな財政学の姿、その可能性を、方法・理論・実証面からラディカルに提示する。

目次

  • 第1部 問いと対象(財政学と財政社会学—20世紀に何が問題とされてきたのか;新財政社会学の展開とその成果をめぐって—財政学、公共経済学研究との対比から)
  • 第2部 方法と認識(財政と歴史—財政史研究の再評価;財政と比較—問題発見のための国際比較;財政と制度—財政統計分析と財政の意思決定過程から考察する ほか)
  • 第3部 分析的有効性(社会はなぜ引き裂かれたのか—通俗道徳から見た日本の“勤労国家”;納税者の同意における自己利益と互恵性—所得再分配政策の支持要因をめぐって)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC18920991
  • ISBN
    • 9784641166127
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 273p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ