先住民から見た世界史 : コロンブスの「新大陸発見」

書誌事項

先住民から見た世界史 : コロンブスの「新大陸発見」

山本紀夫 [著]

(角川文庫, 23672)

KADOKAWA, 2023.5

タイトル別名

コロンブスの不平等交換 : 作物・奴隷・疫病の世界史

先住民から見た世界史 : コロンブスの新大陸発見

角川ソフィア文庫

タイトル読み

センジュウミン カラ ミタ セカイシ : コロンブス ノ シンタイリク ハッケン

大学図書館所蔵 件 / 11

注記

「コロンブスの不平等交換 : 作物・奴隷・疫病の世界史」 (角川選書, 2017年刊) を再構成・加筆・改題のうえ、文庫化したもの

ブックジャケットに「角川ソフィア文庫 I-421-1」の記載あり

参考文献: 巻末pi-ix

内容説明・目次

内容説明

コロンブスが15世紀に持ち帰った中南米原産のトウモロコシや、その後に伝わったジャガイモは、ヨーロッパの人口増加に大きく貢献した。他方、アメリカ大陸へ持ち込まれた疫病は、先住民の急激な人口減少を引き起こす。世界の食卓を豊かにした作物の伝播は、のちに「コロンブスの交換」と呼ばれるが、先住民にとっては略奪や侵略に他ならなかった。南米アンデスをフィールドに農学と人類学を研究する著者が描く、もう一つの世界史。

目次

  • 第1部 ヨーロッパに与えたもの(トウモロコシ―コロンブスが持ち帰った穀類;トウガラシ―世界各地の食文化をになう;ジャガイモ―ヨーロッパの飢えを救う )
  • 第2部 先住民にもたらされた災厄(サトウキビ―砂糖の生産と奴隷;馬と牛―生活を破壊したヨーロッパの家畜;天然痘―先住民の凄惨な悲劇)
  • 終章 コロンブスの功罪

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ