漫画の未来 : 明日は我が身のデジタル・ディスラプション

書誌事項

漫画の未来 : 明日は我が身のデジタル・ディスラプション

小川悠介著

(光文社新書, 1298)

光文社, 2024.2

タイトル別名

漫画の未来 : 明日は我が身のデジタル破壊的変革

漫画の未来 : 明日は我が身のデジタルディスラプション

タイトル読み

マンガ ノ ミライ : アス ワ ワガミ ノ デジタル・ディスラプション

大学図書館所蔵 件 / 39

この図書・雑誌をさがす

注記

主な参考文献: p204-205

内容説明・目次

内容説明

漫画が大転換期を迎えている。新型コロナ禍に娯楽のオンライン化が進み、韓国発祥のスマホ向け漫画「ウェブトゥーン」が急成長しているためだ。小さな画面でも読みやすいよう工夫され、世界中で読者を獲得。その市場規模は、今後五年で日本漫画の四倍に達すると予測される。本書では、市場の急拡大をけん引する韓国IT企業の横顔や斬新なビジネスモデル、電光石火の海外戦略を徹底解説。「イノベーションのジレンマ」に悩む国内出版社の動向にも迫った。加えて、絵を自動で描く「生成AI」の進化も、作品作りを根底から揺るがし始めている。時代が紙からデジタルへと変わる中、漫画は一体どこに向かうのか?その未来図を探る。

目次

  • 第1章 大波(経済危機下の韓国で誕生、次世代漫画ウェブトゥーン;ついに日本上陸、第一次ブームの光と影;コロナ禍に人気再燃、巣ごもり消費が追い風に;ネイバーとカカオの因縁対決、激しい火花散る)
  • 第2章 油断(巻き返しへ、国内出版社が「タテ」に本格参入;新たな巨大経済圏、異業種企業が続々と集結;期待先行に危うさも、懐疑論くすぶる3つの理由;紙離れで週刊誌は絶滅寸前、曲がり角の漫画大国)
  • 第3章 工場(線画、着彩、背景―分業システムで効率化磨く;令和のゴールドラッシュ、日本で広がるスタジオ設立;さよなら「やりがい搾取」、報酬体系を明瞭に;トラブル多発の制作現場、募る苛立ちに悲観の声も)
  • 第4章 覇権(舞台は世界―仏にこぞって攻勢、米国で大型買収も;海外進出に高い壁、日本漫画が直面する厄介な問題;驕れる人も久しからず、家電・半導体敗戦の再来か)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ