高くてもバカ売れ!なんで? : インフレ時代でも売れる7の鉄則

Bibliographic Information

高くてもバカ売れ!なんで? : インフレ時代でも売れる7の鉄則

川上徹也著

(SB新書, 645)

SBクリエイティブ, 2024.2

Title Transcription

タカクテモ バカウレ ナンデ : インフレ ジダイ デモ ウレル 7 ノ テッソク

Available at  / 13 libraries

Note

文献: p242-254

Description and Table of Contents

Description

「高くても、売れます」その秘訣を知りたいあなたへ。物価高騰でモノが売りにくい時代でも、見せ方や売り方の工夫次第で、ヒット商品・サービスを生み出すことは可能です。さあ、本書でマーケティングの7つの新常識をともに学びましょう!数々の成功事例を元に、「時代に適応しながらモノを売るための方法論」と「打ち手」をまとめた1冊。

Table of Contents

  • 1章 なぜ、コロナ禍に「リップモンスター」はバカ売れしたのか?―気分がアガれば商品は売れる キーワード アガる
  • 2章 イチゴを1粒1000円で売る方法を考えなさい―贈答用に変えれば売値は変わる キーワード プレゼント
  • 3章 なぜ、私たちはYakult1000が欲しくなるのか?―カラダをいたわるためならいくら出してもいい キーワード 自分メンテナンス
  • 4章 なぜ、ゴディバはローソンやマックで商品を売るのか?―自分へのご褒美なら、プチ贅沢しても「ま、いいか」 キーワード プチ贅沢ご褒美
  • 5章 廃棄寸前の真鯛が6300匹も売れた理由―応援し推しにお金を使えば心が満たされるのはなぜ? キーワード 応援消費
  • 6章 今、なぜ昭和レトロ家電が売れるのか?―「エモい」感情が生まれると「利用したい」「買いたい」が芽生える キーワード レトロエモい
  • 7章 ガチ中華が魅力的に感じるのはなぜ?―本物にだったら人はお金を出す キーワード ガチニッチ
  • 8章 今すぐ価格の壁を打ち破るための7原則

by "BOOK database"

Related Books: 1-1 of 1

Details

Page Top