日本古代籍帳制度論

書誌事項

日本古代籍帳制度論

平田耿二著

吉川弘文館, 1986.5

タイトル読み

ニホン コダイ セキチョウ セイドロン

大学図書館所蔵 件 / 97

注記

折り込図3枚

参考文献: p583-584

内容説明・目次

目次

  • 第1部 古代籍帳の史料的価値論(1 庚寅の編籍について;2 古代籍帳の溯源的分析;3 古代家族論)
  • 第2部 律令国家の編戸政策(4 大化大宝間の編戸と造籍;5 郷里制と編戸)
  • 第3部 古代籍帳に現れた農民生活(6 奈良期前期における農民の逃亡;7 古代籍帳に現れた農民の婚姻形態について)
  • 第4部 古代籍帳の史料的価値についての再論(8 良賎訴訟と戸籍—大宅朝臣広麻呂戸の戸賎訴訟資料が語るもの)
  • 第5部 律令制変質期の農民掌握(9 平安時代の戸籍について)
  • 第6部 古代から中世へ(10 古代から中世へ—平安中期の国家と社会)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00177129
  • ISBN
    • 4642022031
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    25, 584, 6p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ