書誌事項

明治思想集

松本三之介編集・解説

(近代日本思想大系, 30-32)

筑摩書房, 1976-1990

  • 1
  • 2
  • 3

タイトル読み

メイジ シソウシュウ

大学図書館所蔵 件 / 240

注記

参考文献・年表: 各巻末

内容説明・目次

内容説明

日清戦争後、日本の資本主義の飛躍的な発展は、自覚的な個の意識と社会との矛盾葛藤を登場させた。日本の近代社会の幕明けに関わる明治後期の論攷73篇を収録。

目次

  • 職工組合に就て
  • 社会主義鄙見
  • 地方と首都
  • 平和なる檄文
  • 過渡的日本人
  • 日本化かはた基督化か
  • 国家社会主義と社会主義
  • 帝国主義の教育
  • 自然主義とその以前の思想
  • 道楽と職業
  • 乃木大将の死を論ず〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ