書誌事項

UNIX原典 : AT&Tベル研のUNIX開発者自身によるUNIX公式解説書

AT&Tベル研究所編 ; 長谷部紀元, 清水謙多郎訳 ; 石田晴久監修

パーソナルメディア, 1986.11

タイトル別名

The UNIX system

Bell system technical journal

BSTJ:The UNIX system

タイトル読み

UNIX ゲンテン : AT&T ベルケン ノ UNIX カイハツシャ ジシン ニ ヨル UNIX コウシキ カイセツショ

大学図書館所蔵 件 / 154

注記

「ベル・システム・テクニカル・ジャーナル(BSTJ)」1984年8月号第2部: UNIX特集号の翻訳

文献: p387-393

内容説明・目次

内容説明

本書は、UNIXというAT&Tベル研究所の商標をもつオペレーティング・システムに関する論文を特集したテクニカル・ジャーナルの第2版である。UNIXオペレーティング・システムは、1969年にK.ThompsonとD.M.Ritchieにより発案された。その後の発展は、業界においても学界においても、まさに目を見張るものがある。

目次

  • UNIXタイム・シェアリング・システムの発展
  • UNIX環境におけるプログラム設計
  • Blit—多重化されたグラフィクス端末
  • BlitによるCプログラムのデバッグ
  • UNIXオペレーティング・システムの安全性
  • UNIXシステムのcryptコマンドにおけるファイルの安全保障
  • Cの発展—過去と未来
  • Cにおけるデータ抽象化
  • マルチプロセッサUNIXオペレーティング・システム
  • システム/370のUNIXの実現
  • UNIXの移植の経験
  • UNIXの性能の進展
  • 命令計数によるプロファイリング
  • 実用的な整列ルーチンを構成する際の理論と実際
  • 適正割当てスケジューラ
  • 仮想プロトコル・マシン
  • UNIXが稼働するコンピュータのネットワーク
  • ストリーム入出力システム

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ