書誌事項

ウェークフィールドの牧師

ゴールドスミス作 ; 神吉三郎譯

(岩波文庫, 1589-1590a)

岩波書店, 1937.11

タイトル別名

The vicar of Wakefield.(1766)

タイトル読み

ウェークフィールド ノ ボクシ

大学図書館所蔵 件 / 113

内容説明・目次

内容説明

英国の片田舎にすむ牧師一家の物語。誠実善良そのものの田舎牧師が、破産にはじまり、娘が誘拐されたり、火事に遭ったりと、絶えず災難に見舞われるが、屈することなく、大らかに生きてゆく。英国文化の微妙な滋味を教えてくれる愛すべき古典。一七六六年刊。

目次

  • 考え方も容姿も血縁としてそっくりな、ウェイクフィールドの一家のこと。
  • 一家の災難。財産を失うと、かえって有徳の人としての誇りが高まるということ。
  • 移転。人生の幸福は、けっきょく、ほとんど自分の力で手に入れるのである。
  • どん底の生活でも幸福は得られるもので、それは境遇よりも気質によるという実例。
  • あらたに身分の高い人を紹介される。われわれがいちばん期待するものは、たいていいちばんの命取りになる。
  • 田舎の炉辺の幸福。
  • 都の才子が語る。どんなまぬけでも、一晩か二晩なら他人をおもしろがらせることができるものだ。
  • 小さな幸運は約束しないが、大きな幸運をもたらすかもしれない恋愛。
  • 身分の高い二人の婦人が登場する。服装が高級だと教養も高そうに見えるようだ。
  • 一家が、自分たちより地位の高い人々と競争しようとする。貧しい者が自分たちを境遇以上に見せかけようとするときの、さまざまなみじめさ。〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01015676
  • ISBN
    • 4003221311
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    288p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ