書誌事項

国際関係

馬場伸也責任編集

(講座政治学 / 内山秀夫 [ほか] 編, 5)

三嶺書房, 1988.8

タイトル読み

コクサイ カンケイ

大学図書館所蔵 件 / 120

内容説明・目次

内容説明

世紀末にあたり、人類は多くの難問に直面している。この危機的状況をいかに超克するかを真剣に模索していくことは、われわれに負わされた課題であり、歴史を引き継ぐ次の世代に対する大きな責務でもある。いまやわれわれは独自の理論と方法でもって、冒頭に提起した命題に対処すべき時期にさしかかっている。本書全体としての意図は、国際社会の構造変容を展望し、人類史に明るい未来を築くことを試みようとするものである。

目次

  • 序章 国際社会のゆくえ(馬場伸也)
  • 第1章 西欧社会のゆくえ(高橋進)
  • 第2章 ソ連・東欧関係の構造変容—民族共産主義と対抗文化(吉川元)
  • 第3章 第3世界の動態と国際関係(小倉充夫)
  • 第4章 日本のゆくえ(初瀬龍平)
  • 第5章 国際政治の現在—新アナーキーかデタントへの回帰か(高柳先男)
  • 第6章 国際法の転換—人権・軍縮・平和(藤田久一・松井芳郎)
  • 第7章 国際機構の転換(横田洋三)
  • 第8章 「南北問題」の新次元(山本満)
  • 終章 国際関係理論の転換(初瀬龍平)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02500338
  • ISBN
    • 4914906775
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 372p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ