書誌事項

マウス胚の操作マニュアル

Brigid Hogan, Frank Costantini, Elizabeth Lacy [著] ; 山内一也 [ほか] 訳

近代出版, 1989.2

タイトル別名

Manipulating the mouse embryo : a laboratory manual

マウス胚の操作マニュアル

タイトル読み

マウス ハイ ノ ソウサ マニュアル

大学図書館所蔵 件 / 69

注記

参考書,文献: p301-317

内容説明・目次

内容説明

本書は、マウス胚を得るための遺伝的背景から始まり、ホルモン処理による排卵の誘起、交配、胚の採取、胚へのDNA導入を中心とするさまざまな操作、および操作された胚の移植と生まれた仔の検査から飼育管理まで最新の技術が簡潔にして要を得た文章と適切な図解によって見事に説明している。

目次

  • 序 マウスの発生遺伝学と発生学—過去、現在、未来
  • 第1章 マウスの発生の要約
  • 第2章 トランスジェニックマウス作出用コロニーの準備
  • 第3章 胚の採取、培養および移植
  • 第4章 発生途上のマウス胚への新たな遺伝情報の導入
  • 第5章 多分化能幹細胞株の分離
  • 第6章 遺伝子および遺伝子産物を見るための技術
  • 第7章 受精卵、胚および奇形癌腫細胞の培養
  • 第8章 薬品、器具および溶液

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03271054
  • ISBN
    • 4874024653
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    332p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ