書誌事項

日本人の発想

神島二郎[著]

(講談社学術文庫, [869])

講談社, 1989.3

新版

タイトル読み

ニホンジン ノ ハッソウ

大学図書館所蔵 件 / 110

内容説明・目次

内容説明

日本の各地に伝わる風習や伝統、また人々のなにげないことばや行動の背後に発想はひそんでいる。本書は、日本人の歴史や体験のなかから、具体的な事例や事象を取り上げ、その底を共通して流れる庶民の考え方や論理を闡明し、あらためて日本社会の構造を浮きぼりにした。日常的なことばや論理を正しく捉え、吟味することにより、複雑な日本の現実社会を腑分けすることが、普遍的な社会科学の構築に役立つことを示唆した期待の新版。

目次

  • 第1部 日本人の発想(現実と認識;日本人の敏感さ;〈おしゃべり文化〉の創造;認識構造の変革;アニミズムの伝統;原始王制のモデル論;見立て・しつけ・仕立て;〈あいたい〉理論;不完全性への求道;日本の政治文化)
  • 第2部 日本社会の論理(ナルということ;日本の都市;日本の村落;ふるさととは何か;家千軒あれば共食いできる;公私の別—タテマエとホンネ;実社会—大人と子供;複居文化と個室文化;世論と人心;抵抗—はずれる・かくれる・たたる)
  • 第3部 日本人への提言(日本人の〈遊び〉観;豊かさとは何か;死ぬ者・生きのびる者;自由について;うそ教室のすすめ;対話教室のすすめ;平和共存;器量—肚とやさしさ;〈家族度〉と経済摩擦;〈軍隊家庭〉の克服を!)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0335391X
  • ISBN
    • 4061588699
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ