書誌事項

三千里

河東碧梧桐[著]

(講談社学術文庫, [885-886])

講談社, 1989.7-1989.8

タイトル読み

サンゼンリ

大学図書館所蔵 件 / 80

注記

講談社刊「三千里」上・下(昭和48年)を底本とする

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784061588851

内容説明

行動する俳人として明治の俳句界に異彩を放つ碧梧桐は、明治39年8月、全国行脚を志して旅に出た。本書『3千里』は、その日々の見聞を、はじめ「一日一信」と題して新聞「日本」に、のちに雑誌「日本及び日本人」に連載した旅日記である。定型から新傾向へ、さらに自由律へと、つねに俳句の可能性を追求した碧梧桐の不朽の名著。上巻には、千葉から東北・北海道までの旅を収録した。
巻冊次

下 ISBN 9784061588868

内容説明

碧梧桐はいう。『予の旅行は単純なる旅行ではなかった。日記はただ責任を塞ぐ程度のものであったけれども、その他に「日本俳句」の募集句の選があった。そうして予の要求もまた多岐であった。その一景色を見る、その二古跡を見る、その三風俗を見る、その四人情を見る、その五伝説口碑を聞く、等重なるものであった』…。下巻では青森から帰京までの旅と旅中吟四七〇句余を収録。俳句ファン必読の名著。

目次

  • 三千里(下)
  • 旅中吟
  • 碧梧桐全盛時代の記録

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03839048
  • ISBN
    • 4061588850
    • 4061588869
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ