書誌事項

近接施工

土質工学会編

(土質基礎工学ライブラリー, 34)

土質工学会, 1989.9

タイトル読み

キンセツ セコウ

大学図書館所蔵 件 / 44

注記

奥付の編者:近接施工編集委員会

執筆者:幾田悠康ほか

各章末:参考文献

内容説明・目次

内容説明

本書は、各種の近接施工例を集め、それを新設構造物の施工法、既設構造物の種類等によって分類し,地盤条件,施工記録の内容等を考慮して,種々のケースに対応できるように幅広く施工事例を選んで掲載し、近接施工に関する問題点、変位・変状の予測方法、対策工法、計測管理の基本的考え方、着眼点等について土質基礎工学的な観点から体系的に解説したものである。

目次

  • 第1章 近接施工に関する一般的事項
  • 第2章 開削工事による近接施工
  • 第3章 基礎工事による近接施工
  • 第4章 シールドトンネル工事による近接施工
  • 第5章 山岳トンネル工事による近接施工
  • 第6章 盛土工事による近接施工
  • 第7章 地盤改良工事による近接施工
  • 付録 構造物種類別許容変位量

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03976515
  • ISBN
    • 4886443303
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ii,vi,392p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ