本朝三十六河川 : 川に流れる文学

書誌事項

本朝三十六河川 : 川に流れる文学

大森亮尚著

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 1989.10

タイトル読み

ホンチョウ サンジュウロッカセン : カワ ニ ナガレル ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 32

内容説明・目次

内容説明

日本文学そのものが河川に縁の深い文学なのである。単に川を歌うだけでなく、川を舞台にして、出会い、別れ、恋、死など、さまざまな人間模様が繰り拡げられ、…単なる風景としての川ではなく、日本人の人生そのものが流れている川が描かれているのである。

目次

  • 芥川
  • 飛鳥川(明日香川)
  • 安曇川
  • 宇治川
  • 鴨川
  • 隅田川
  • 龍田川
  • 玉川—六玉川を追って—
  • 千曲川
  • 最上川
  • 桃太郎の流れてきた川
  • 吉野川
  • 淀川
  • 丹生川—謎の地名・丹生を追って—〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ