書誌事項

保健医療福祉の統合

前田信雄著

(勁草-医療・福祉シリーズ, 36)

勁草書房, 1990.10

タイトル読み

ホケン イリョウ フクシ ノ トウゴウ

大学図書館所蔵 件 / 196

注記

引用文献, 参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

老人長期ケアという各国共通の難問題を解決するためには、今こそ保健医療福祉の改革=統合が必要である。連携・統合の理論と実践をまとめ、各国共通の統合化の努力を集大成した政策提言の書。

目次

  • 第1部 日本における保健医療福祉の連携と統合(連携と統合化以前;保健と福祉の連携—基本的な視点;在宅ケアとサービス調整事業;老人の地域保健医療;長期ケアにおけるケースマネジメント;農村における保健医療福祉の新構築—沢内村からの教訓;大都市における老人保健医療福祉のシステム化)
  • 第2部 外国の保健医療福祉の連携と統合(米国における保健と福祉の連携事業—オンロックとトリアージュほか;社会健康維持機構(SHMO)の誕生;米国の老人長期ケアのケースマネジメント;米国ホームヘルスの新動向—児童家庭ホームケアを中心にして;デンマーク老人長期ケアの総合化;北欧とドイツにおける老人保健医療福祉の連携と統合;オーストラリアの老人長期ケアにおける連携と統合;オーストラリアのナーシングボームとホームケア)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ