ハイテク地球汚染 : なにが環境の危機を招いたか

書誌事項

ハイテク地球汚染 : なにが環境の危機を招いたか

ジェームズ・ベリーニ著 ; 松岡信夫訳

ダイヤモンド社, 1990.11

タイトル別名

High-tech holocaust

なにが環境の危機を招いたか : ハイテク地球汚染

タイトル読み

ハイテク チキュウ オセン : ナニ ガ カンキョウ ノ キキ オ マネイタカ

大学図書館所蔵 件 / 157

内容説明・目次

内容説明

科学技術の発達がもたらした地球環境の汚染は、いまや誰の目にも明らかとなった。大気汚染、有害化学物質、食品添加物、農薬、医薬品、汚染された水、重金属、そして放射性物質…。テクノロジーのホロコーストが、いま、われわれの生と死のあらゆる領域をおかしつつある。

目次

  • 1 進歩の代償
  • 2 危険なエネルギー
  • 3 放射能は消えない
  • 4 酸性化する世界
  • 5 重金属の重さ
  • 6 水に流された汚染
  • 7 農薬に毒される大地
  • 8 食品は添加物だらけ
  • 9 医薬品がもたらす病い
  • 10 残された時間

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN05577328
  • ISBN
    • 4478870098
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 344p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ