書誌事項

都築ケ岡から

河上徹太郎〔著〕

(講談社文芸文庫, . 現代日本のエッセイ||ゲンダイ ニホン ノ エッセイ)

講談社, 1990.12

タイトル読み

ツズキガオカ カラ

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

年譜・著書目録--河上徹太郎:p330〜344

内容説明・目次

内容説明

小林秀雄、中原中也、そして吉田健一等との親交が語る人間的信頼の絆の純粋さ。文学的半生への深い省察。ピアノ、旅、愛犬との狩猟の話を高雅に綴る身辺の記。近代批評の確立者にして自由なる精神の持ち主、名著『吉田松陰』(野間文芸賞受賞)の評論家河上徹太郎の独創的、多彩なエッセイ。

目次

  • 閑林通信
  • わが旅わがふる里
  • 猟・酒日記
  • 音楽と文化
  • 読書と人生(乱世の英雄たち;象徴派的人生;羽左衛門の死と変貌についての対話)
  • わが詩友・わが酒友(中原中也の手紙;井伏鱒二;横光利一)
  • 自画像

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN05978329
  • ISBN
    • 406196108X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    344p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ