暉峻義等 : 労働科学を創った男

書誌事項

暉峻義等 : 労働科学を創った男

三浦豊彦著

(シリーズ民間日本学者 / 鶴見俊輔 [ほか] 編集, 31)

リブロポート, 1991.3

タイトル読み

テルオカ ギトウ : ロウドウ カガク オ ツクッタ オトコ

大学図書館所蔵 件 / 101

注記

年譜: p293-299

人名索引: 巻末

内容説明・目次

内容説明

開明的経営者大原孫三郎と出会い、「女工哀史」状況改善への熱情を共にし我国初の労働科学研究所を設立、豊富なアイデアと多彩な研究を発表、戦争協力者との批判もある複雑な軌道の中、一貫して「労働の科学」への情熱を燃やし続けた一医学者の人生。

目次

  • 青春
  • 東大医学部時代
  • 生理学教室から貧民窟調査へ
  • 大原社会問題研究所時代
  • 倉敷労働科学研究所の創立
  • ヨーロッパ留学
  • 創立初期の倉敷労働科学研究所と暉峻
  • 昭和前期の暉峻
  • 倉敷から東京へ
  • 戦時下の暉峻
  • 労働科学研究所の再建
  • 労働科学研究所を退く
  • 民衆の健康を考えて
  • 死に至る病

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06049675
  • ISBN
    • 4845705958
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    299, ivp, 図版 [3] p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ