日本中世の社会と国家

書誌事項

日本中世の社会と国家

永原慶二著

青木書店, 1991.4

増補改訂版

タイトル読み

ニホン チュウセイ ノ シャカイ ト コッカ

大学図書館所蔵 件 / 132

注記

初版: 日本放送出版協会 1982年刊

各章末: 参考文献

内容説明・目次

内容説明

現実的権力を失った段階でも、なぜ天皇(家)は長期にわたって存続しえたか—。天皇の社会的・政治的位置に注目しつつ、日本中世の国家史像を明快に提示する。補論を加えたほか、〈天皇の位置〉について大幅に加筆・改稿した新版。中世国家の構造と特質を明解に提示。

目次

  • はじめに 問題の所在—官職制と封建制
  • 1 日本古代国家の構造とその変質
  • 2 中世国家の成立と構造
  • 3 中世国家の展開
  • 4 近世国家への転換
  • むすび 日本中世国家の特徴をめぐって
  • 補論 歴史的存在としての天皇および天皇制—その若干の論点についての覚書

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ