一条の光 ; 天井から降る哀しい音

書誌事項

一条の光 ; 天井から降る哀しい音

耕治人 [著]

(講談社文芸文庫, [こD1])

講談社, 1991.5

タイトル読み

イチジョウ ノ ヒカリ ; テンジョウ カラ フル カナシイ オト

大学図書館所蔵 件 / 49

注記

著書目録--耕治人: p250-251

収録内容

  • 詩人に死が訪れるとき
  • この世に招かれてきた客
  • 一条の光
  • 天井から降る哀しい音
  • どんなご縁で
  • そうかもしれない

内容説明・目次

内容説明

脳軟化症の妻は“私”を認識できない。—何度目かに「御主人ですよ」と言われたとき、「そうかもしれない」と低いが、はっきりした声でいった。50年余連れ添った老夫婦の終焉近い困窮の日常生活。その哀感極まり浄福感充ちる生命の闘いを簡明に描く所謂“命終三部作”ほか、読売文学賞受賞「一条の光」、平林賞「この世に招かれてきた客」など耕治人の清澄の頂点六篇。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06494962
  • ISBN
    • 4061961276
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    251p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ