書誌事項

尾崎三良日記

尾崎三良著 ; 伊藤隆, 尾崎春盛編

中央公論社, 1991.8-1992.2

  • 上巻
  • 中巻
  • 下巻

タイトル読み

オザキ サブロウ ニッキ

大学図書館所蔵 件 / 85

注記

著者の肖像あり

内容: 上巻: 慶応4年-明治18年. 中巻: 明治19年-明治25年. 下巻: 明治26年-明治36年

年譜: 下巻: p552-561

内容説明・目次

巻冊次

上巻 ISBN 9784120020377

内容説明

大政奉還の後、ロンドン留学を果たした尾崎は、帰朝後、明治政府の法制官僚として法の近代化に取組む一方、旧主三条実美の補佐役として活躍する。帝政末期ロシアと九州・沖縄の巡察記録を含む慶応4、明治8〜18年の日記を完全収録。
巻冊次

中巻 ISBN 9784120020537

内容説明

明治18年、内閣制度成立、22年、憲法発布、23年、議会開設と近代政治制度が次々と発足するなかで、民法・商法・皇室典範などの立案に深く関わる一方、活発に政治活動を続ける。薩長への反発を秘め、法制局長官をもって退官するまで。「駆け足の近代化」を第一線でになった法制官僚の克明な記録。
巻冊次

下巻 ISBN 9784120020872

内容説明

貴族院議員として活動を続ける尾崎は、明治28年、宮中顧問官に就任、29年、男爵に叙せられ、鉄道・炭鉱等、実業界に進出する。特に京釜鉄道設立に奮闘するが、日露戦争前の政府による改組を機に公的活動を退く。年譜・系図・人名索引付。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ