ヨーロッパ人の描いた世界 : コロンブスからクックまで

書誌事項

ヨーロッパ人の描いた世界 : コロンブスからクックまで

多木浩二著

岩波書店, 1991.11

タイトル読み

ヨーロッパジン ノ エガイタ セカイ : コロンブス カラ クック マデ

大学図書館所蔵 件 / 227

注記

参考文献: 巻末p1-3

挿図(314図)あり

内容説明・目次

内容説明

図像を読む、それは図像が孕む意識的、無意識的な心性を捉える営みだ。本書はコロンブス以降、ヨーロッパが世界を見る主体として自己形成してゆく過程に起った、視線とそれを支える心性の変化を、旅行記の挿絵に読み解こうとする。拡大運動の先端にあったヨーロッパ人たちは、自己の経験を図像にも刻み込んだが、17、8世紀のそれは量質ともに豊かであった。特に専門画家を伴ったクックの航海は、他者認識の新地平を開いた。300枚の図像が語り出す問題群は読者に新発見を促すであろう。

目次

  • 序章 見ることと知ること
  • 第1章 見知らぬ海
  • 第2章 最初の視覚的情報
  • 第3章 博物学としての世界
  • 第4章 もうひとつの旅行記—挿絵
  • 第5章 画家たちの航海
  • 第6章 他者の肖像
  • 終章 世界—視覚情報の空間

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ