書誌事項

語り物の宇宙

川村二郎[著]

(講談社文芸文庫)

講談社, 1991.3

タイトル読み

カタリモノ ノ ウチュウ

大学図書館所蔵 件 / 50

注記

著書目録: p260-261

内容説明・目次

内容説明

伊吹山の天狗に妻を掠われ、山々を遍歴する「甲賀三郎」。地獄巡りの「小栗判官」。ギリシャ神話に通う「しんとく丸」。浄瑠璃、歌舞伎、説経節等に深く息づく庶民の英雄たち。柳田国男、折口信夫らの先駆的業績を踏まえつつ、遥かな神話、伝説に始源する「語りの世界」の魅力を豊饒な自立した言語表現として初めて本格的に論究する。現代文学の地平を新たな視点から照射する画期的文学論。

目次

  • 甲賀三郎
  • 小栗判官
  • しんとく丸
  • 語り物の文体

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06987314
  • ISBN
    • 4061961195
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    261p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ