江戸川乱歩

著者

書誌事項

江戸川乱歩

(新文芸読本)

河出書房新社, 1992.4

タイトル読み

エドガワ ランポ

大学図書館所蔵 件 / 71

注記

江戸川乱歩年譜: p216-219

ブック・ガイド: p220-223

内容説明・目次

目次

  • 1 乱歩小伝(探偵小説の鬼・江戸川乱歩)
  • 2 ようこそ幻影城へ(玩具愛好とユートピア—乱歩文学の本質;江戸川乱歩と耽美主義文学—二つの戦後の乱歩 ほか)
  • 3 素顔の乱歩(父・乱歩のことあれこれ ほか)
  • 4 私の愛した乱歩(“禁断のエロス”に圧倒された!;原体験としての乱歩 ほか)
  • 5 うつし世はゆめ(「熱」;うつし世はゆめ;反転の美学;インファンテリズムのガラパゴス島—『江戸川乱歩全集』)
  • 6 視ることの快楽(「二銭銅貨」を読む;気がつくと日常 ほか)
  • 7 芸人・探偵・怪盗(高等遊民から青年紳士へ・明智小五郎;孤独すぎる怪人 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ