書誌事項

都市空間のなかの文学

前田愛著

(ちくま学芸文庫)

筑摩書房, 1992.8

タイトル別名

都市空間のなかの文学

タイトル読み

トシ クウカン ノ ナカ ノ ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 189

注記

底本: 「都市空間のなかの文学」(筑摩書房, 1982年12月刊)

内容説明・目次

内容説明

春水『春色梅児誉美』、鴎外『舞姫』、二葉亭『浮草』、一葉『たけくらべ』、荷風『狐』、漱石『彼岸過迄』『門』、横光『上海』、川端『浅草紅団』など近世から現代に至る文学作品と、ベルリン、上海、江戸東京といった都市空間—。このふたつの相関を、幅広い視野と博識のもと、鋭く、エレガントにそして生き生きとして解読してみせた、著者の代表作。芸術選奨文部大臣賞受賞。

目次

  • 空間のテクスト テクストの空間
  • 開化のパノラマ 「東京新繁昌記」
  • 清親の光と闇
  • 廃園の精霊 「狐」
  • 塔の思想 「佳人之奇遇」
  • 獄舎のユートピア 「最暗黒の東京」
  • BERLIN 1888 「舞姫」
  • 二階の下宿 「浮草」
  • 子どもたちの時間 「たけくらべ」
  • 町の声
  • 仮象の街 「彼岸過迄」
  • 山の手の奥 「門」
  • SHANGHAI 1925 「上海」
  • 劇場としての浅草 「浅草紅団」
  • 焦土の聖性
  • 紙のうえの都市 「エーゲ海に捧ぐ」
  • 空間の文学へ 「杳子」〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ