書誌事項

インドの叡智とキリスト教

ヘルマン・ベック著 ; 西川隆範訳

平河出版社, 1992.9

タイトル別名

Indische Weisheit und Christentum

タイトル読み

インド ノ エイチ ト キリストキョウ

大学図書館所蔵 件 / 55

内容説明・目次

内容説明

仏教学の大家の枠にとどまらず、後年、シュタイナー運動に身を投じたヘルマン・ベックの遺稿集。ベックの〈白鳥の歌〉ともいうべき本書は、仏教とキリスト教との内的連関をその深みにおいてとらえ、〈自我〉と〈涅槃〉の問題に独自の考察を加える。

目次

  • 第1章 神の名
  • 第2章 インドの三位一体
  • 第3章 インドと聖霊降臨祭
  • 第4章 インド精神における宇宙創造
  • 第5章 ミカエルとインドの先史時代
  • 第6章 原人と供儀の意味
  • 第7章 インドのヨーガとベタニアでの復活
  • 第8章 インドのヨーガとキリスト
  • 第9章 マーヤー—ブッダの生誕物語
  • 第10章 モーセとブッダにおける道徳的要求
  • 第11章 古代アーリア民族における光天
  • 第12章 涅槃と天—ギリシア、イラン、エジプトにおける夜の天の啓示
  • 第13章 インドにおける昼の天と夜の天の秘儀
  • 第14章 古代インドにおける夜の天の秘儀としての涅槃
  • 第15章 ワーグナーとノヴァーリスにおける夜の秘儀
  • 第16章 仏教とインドの文献における涅槃
  • 第17章 秘教的問題—涅槃と愛の秘儀
  • 第18章 涅槃、キリスト教、地球の成就
  • 第19章 ブッダにおける涅槃と地球秘儀

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ